【登録制】晴れの国おかやま応援サイト もんげー部

グルメ スポット場所:高梁市

白馬のゆくえ ―近代日本洋画の黎明

はるる 2020-07-18 投稿

日時:2020年9月5日(土)-11月29日(日) 9時30分-17時
   ※入館は16時30分まで。
休館日:新型コロナの影響で4/10から5/7 まで休館
    毎週月曜日
場所:高梁市成羽美術館 0866-42-4455
   高梁市成羽町下原1068-3
参加費:一般1,000円/高大生800円/小中生500円(団体20名以上は2割引)
※身体障害者手帳、療育手帳または,
精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と
付添の方お1人まで無料(証明をご提示下さい)
※ホワイトコーデ割
 白色で統一したコーディネートでお越しの方は2割引
  ※靴、バッグ等の小物は除く
内容
・1896年(明治29)近代日本洋画の黎明期に、
 ヨーロッパから帰朝した黒田清輝や久米桂一郎たちを中心に、
 新しい洋画団体「白馬会」が誕生します。
 この団体がもたらした新風は、構図や主題に新鮮味を吹き込み、
 絵画で作者の考えを表現することの奨励や裸体画の普及、
 そして何よりも美術の社会的位置づけの確立に貢献するなど革新を果たしました。
 東京美術学校に学んだ児島虎次郎をはじめとする当時の若い画家たちは、
 白馬会の展覧会から多くの刺激を受けながら次代を切り開いてゆきました。
 本展では、白馬会で活躍した画家たちと、
 同時代に生きた画家の代表作を一堂に展示し、
 黎明期の日本洋画を顕彰します。
・出品作家一覧
 青木繁、畦地梅太郎、麻生三郎、有島生馬、安藤仲太郎、石井柏亭
 猪熊弦一郎、牛島憲之、太田喜二郎、岡田三郎助、金山平三、北 蓮蔵
 久米桂一郎、黒田清輝、児島虎次郎、小杉 未醒、小林萬吾、坂本善三
 白瀧幾之助、清宮質文、辻 永、寺田政明、中澤弘光、野見山暁治
 原田直次郎、藤島武二、藤田嗣治、満谷国四郎、南薫造、三宅克己
 矢崎千代二、安井曾太郎、山本森之助、湯浅一郎、ラファエル・コラン
 和田英作(以上36作家)
・関連イベント ※要入館券
 開会式およびギャラリートーク
 【日時】9月5日(土) 11:00~11:30(開会式)
 【場所】多目的展示室
開会式後にギャラリートークを予定しています。
 こころの色を探すワークショップ「光は色彩へ・色彩は心へ~色と形で伝えよう」
 【日時】10月4日(日) 13:30~16:00
 【場所】レクチャールーム
 【講師】関野智子氏(画家・光風会会員)
 【定員】15名
 【参加費】500円
 【対象】中学生以上の方
 【応募方法】往復はがきに郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、年齢(学年)、
       電話番号、「ワークショップ参加希望」と明記し、
       美術館まで郵送してください。
 【応募締切】9月21日(月・祝)当日消印有効
  ※一通につき2名まで応募可。
  ※応募者多数の場合は抽選となります。
  ※必要な画材は全て美術館で用意します。
 記念講演会「洋画家たちの学びと歩み-美術教育との関わりを中心に」
 【日時】10月25日(日) 13:30~15:00
 【場所】多目的展示室 ※変更する場合がございます。
 【講師】赤木里香子氏(岡山大学大学院教育学研究科教授)
 【応募方法】往復はがきに郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、電話番号
       「講演会参加希望」と明記し、美術館まで郵送してください。
 【応募締切】10月4日(日)当日消印有効
  ※一通につき2名まで応募可。
・メールでのイベント申込はこちら
 お問い合わせフォームを開き、
 【タイトル】に「ワークショップ参加希望」または「講演会参加希望」、
 【内容】に「上記の必要事項(住所等)」を明記し、メールを送信してください。
・主催:高梁市成羽美術館
・協賛:専門学校岡山ビジネスカレッジ
・協力:東京藝術大学、公益財団法人 日動美術財団
https://nariwa-museum.or.jp/

一覧に戻る

156もんげー

もんげー情報を投稿する

入部はこちら

もんげー岡山動画配信中!

大好き!晴れの国おかやまPDF版 ダウンロードはこちら電子書籍「オカヤマ イーブックス」

  • おかやま広報紙ナビ
  • 岡山県
  • もんげー岡山
  • 大好き!晴れの国おかやま
  • ももっちうらっちのページ