【登録制】晴れの国おかやま応援サイト もんげー部

おかやまで晴れの国ぐらし 先輩移住者による移住体験記

1 倉敷市
1 津山市
1 笠岡市
1 井原市
2 総社市
1 高梁市
1 新見市
1 瀬戸内市
1 赤磐市
1 真庭市
1 浅口市
1 和気町
1 矢掛町
1 新庄村
1 勝央町
1 奈義町
1 久米南町
1 美咲町
1 吉備中央町

一覧に戻る

【浅口市】夢を追い求めて国内有数の天体観測地へ。宇宙の魅力を伝える

北にそびえる遙照山(ようしょうざん)から南の瀬戸内海まで、多様な自然景観に富む浅口市。晴天率の高さや星空の美しさなどから、天文のまちとして知られる。小高い竹林寺山の頂上付近には、国立天文台があり、同じ敷地内に浅口市立岡山天文博物館が建つ。福島智也さんは、岡山天文博物館専門職員として、2015年7月から働いている。大学の理学部を卒業後、大好きな宇宙を身近に感じられる仕事に就くことが夢だった。「快晴の日には天の川までよく見えて感動的。きれいな星空が毎日見られることにわくわくしますね。いろいろな人に宇宙の魅力を伝えられることにもやりがいを感じています」と福島さん。そばには、鏡の直径が3・8mとアジア最大級の望遠鏡「せいめい」を備えた京都大学岡山天文台があり、最先端の天文学にふれられることも喜びだ。星空が近い山から下りると美しい海。休日は海沿いをバイクで走るのが楽しみだと、福島さんは話す。充実した毎日が過ごせるのも浅口市ならではだ。


館内のプラネタリウム。ほかに望遠鏡や3D映像などで宇宙の魅力を紹介。

15㎝と8㎝の望遠鏡で、太陽表面の様子が見られる太陽観測室。

入部はこちら

もんげー岡山動画配信中!

晴れの国おかやま暮らしPDF版 ダウンロードはこちら

  • おかやま広報紙ナビ
  • 岡山県
  • もんげー岡山
  • 大好き!晴れの国おかやま
  • ももっちうらっちのページ