【登録制】晴れの国おかやま応援サイト もんげー部

おかやまで晴れの国ぐらし 先輩移住者による移住体験記

1 倉敷市
1 津山市
1 笠岡市
1 井原市
2 総社市
1 高梁市
1 新見市
1 瀬戸内市
1 赤磐市
1 真庭市
1 浅口市
1 和気町
1 矢掛町
1 新庄村
1 勝央町
1 奈義町
1 久米南町
1 美咲町
1 吉備中央町

一覧に戻る

【新見市】清らかな水源地に恵まれた集落でアマゴ養殖を再興

福岡市内の飲食店で調理の仕事をしていた松田礼平さんは「もっと人のためになることができないか」とソーシャルビジネスに興味を持ち、地域おこし協力隊へ志願。新見市を選んだのは、全戸へのネット環境整備をはじめ、先進的なことに取り組む地域性に魅力を感じたから。2014年2月に地域おこし協力隊になると、担当となった神郷(しんごう)地区を見て回り、「充分に活かされていない資源がいくつもある」と感じたという。特にビジネスとしての可能性を見出したのが、山の水を利用したアマゴの養殖だ。かつて盛んだったものの、後継者不足などですべて廃業し、養殖施設跡が放置されている状態だった。「ここ三室集落は、朝廷に氷を献上する氷室があったことが名前の由来。美しい水を象徴する物語は、地域のPRとしても最適です」と松田さん。応援してくれる集落の人の後押しも得て、アマゴ養殖を復活させた。現在では、若手スタッフと一緒に5万匹のアマゴ養殖を行うほか、林業に関する仕事や、地域振興・移住者支援などを行う会社を立ち上げ、日々活動している。


近くの三室川から引き込む清冽な水で育てるアマゴは、身が締まって風味がよい。

養殖場の元オーナーから借りた築60~70年の古民家。手直しをしながら暮らしている。

入部はこちら

もんげー岡山動画配信中!

晴れの国おかやま暮らしPDF版 ダウンロードはこちら

  • おかやま広報紙ナビ
  • 岡山県
  • もんげー岡山
  • 大好き!晴れの国おかやま
  • ももっちうらっちのページ