【登録制】晴れの国おかやま応援サイト もんげー部

おかやまで晴れの国ぐらし 先輩移住者による移住体験記

1 倉敷市
1 津山市
1 笠岡市
1 井原市
2 総社市
1 高梁市
1 新見市
1 瀬戸内市
1 赤磐市
1 真庭市
1 浅口市
1 和気町
1 矢掛町
1 新庄村
1 勝央町
1 奈義町
1 久米南町
1 美咲町
1 吉備中央町

一覧に戻る

【勝央町】受け入れ農家が地域との懸け橋になりモモ農家として独立

岡山県の新規就農研修制度を活用して2014年にモモ農家として就農した今中伸洋さん。8年前に勤めていた兵庫の会社を辞め、ものづくりがしたいと製造職に転身。その後、自然に近いところで何かをつくりたいという欲求が出てきて、農業へと舵をきった。それまで今中さんは農業にまったく縁がなかった。そこで農業が盛んな岡山県に問い合わせ、新規就農研修制度を知る。「全国的に見ても、新規就農者を受け入れる岡山県の取り組みは際立っていました」相談を進めるうちに、ブドウに比べ、初期投資が少ないモモを選択。現地見学会に参加し、勝央町を訪れ、地域の温かな人柄にひかれ、移住を決意。2年間の農業実務研修を開始した。今中さんが本当の意味で農家としてこの地でやっていけるように、大先輩のモモ農家である青木義人(よしと)さんからは農家の在り方を伝授された。2年間の研修を経て、今中さんはモモ農家として独立。春夏はモモの栽培をし、農閑期にはモモの手入れをしながら、大カブの栽培を行っている。


今中さん(右)と青木さん。「今中さんは真面目でよい生徒です」と青木さん。

今中さんのモモ畑。勝央町は昼夜の寒暖差が大きく、おいしい農作物が穫れる。

入部はこちら

もんげー岡山動画配信中!

晴れの国おかやま暮らしPDF版 ダウンロードはこちら

  • おかやま広報紙ナビ
  • 岡山県
  • もんげー岡山
  • 大好き!晴れの国おかやま
  • ももっちうらっちのページ